So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『十二階のカムパネルラ』脱稿。 [劇団のこと]

「死なずに済んだ」。
これが脱稿した瞬間の本音です。


これまでも毎作品、「今回こそ書ける気がしない……」、
そう思いながら、どうにかこうにか乗り切ってきましたが、今回こそは
年末に生存している自分がまったくイメージできない執筆の旅でした。

夏ごろには、同じ演劇界で活躍する劇団が、
脚本未完のために上演中止になるアクシデントが相次ぎました。
とてもそれが他人事とは思えず、
きっと自分もこうなる、そんなふうに考えることもありました。
仮に脚本未完のために上演中止を決断せざるを得なくなったとしたら、
臆病な僕には、その後、この世界で生き続けられる自信はまったくありません。
つまり「作品を書くことができなかった」、イコール「死」に直結します。

もちろん、公演の初日はまだ開いていません。
けれども、“脚本家”緑川の襷を受け取る“演出家”緑川のことは信用できますし、
“演出家”緑川の襷を受け取る、役者陣には絶大な信頼があります。
もちろん、公演を陰日向で支えるスタッフ陣にも。
あと3週間、最大限に濃密な創作を重ねたうえで、おそらく初日は開きます。


とりあえず、僕の命は繋がりました。せっかく生きるので、
僕はこの作品の題材となった方々の代弁者として完全燃焼したいと思います。

シアターキューブリック『十二階のカムパネルラ』、
人間の内なる蒼白い炎を感じられる作品にしたいと思います。
十二階のカムパネルラオモテ面.jpg
十二階のカムパネルラ裏面.jpg

nice!(3) 
共通テーマ:演劇