So-net無料ブログ作成

神宮前駅跡から思うこと [日々雑録]

外国の人から見ると、日本の街の変化はものすごい速さであるらしいです。
たしかにヨーロッパの街は年季の入った風景が多いですからね。
ヨーロッパで150年前と変わらない場所なんてきっといっぱいあるでしょうけど、
東京で150年前と変わらない場所なんて、江戸城の内堀と寺社の一部くらい?
そもそも150年前って言ったら、ふつうにちょん髷結ってた時代なんですよね。
それも驚きですね。

さて、東京最初の地下鉄、銀座線が誕生してから90年が経つそうです。
そして、かつて表参道駅そばにあった神宮前駅跡が期間限定でライトアップされています。
神宮前駅は銀座線表参道駅ホームの渋谷寄りの場所にあった駅で、
昭和13年に出来た時は「青山六丁目」という名前でした。
その神宮前駅が、昭和47年に千代田線の表参道駅と統合するときに、
新設ホームが銀座寄りに新設されたので、この部分が旧ホームになったのだそうです。
2017-12-07 14.29.31-4.jpg
自分が生まれる前の東京の街の一部が、地下の片隅にそのまま残っているって、
とても幻想的で、とてもすごいことです。
ただでさえ、東京はどんどん新しくなっていってしまう街です。
まるで、口数の少ないお爺さん先生に、
「お前が住んでいる街はな、昔の人の夢と努力で作られた場所なんだよ…」
って教えられている感じがします。
ノスタルジーとか、そういう情緒的なことではなくて、
今、自分が暮らしている街は飽くまでも「借りもの」で、
必ずいつか次代の人たちに譲っていく時が来るということを、
昔の建築や、変わらずにいる場所は教えてくれている気がします。

「ゼロから創っては全部壊す」。
日本がその循環から卒業できたら、もっと素敵な国になっていくだろうなあと思うし、
きっと今、既にそういう方向に向かっていっているように思います。


nice!(3) 
共通テーマ:演劇

岡村孝子さんのクリスマス・ピクニック [日々雑録]

もう、この人のことを書くときには、これを言わずにいられない、
「僕の物書きとしての細胞は、この人の言葉と旋律でかたちづくられている」
岡村孝子さんのコンサート、クリスマス・ピクニックに行ってきました。

今回初めて知った蒲田駅前の劇場「アプリコ」。
蒲田にこんなに素敵な劇場があったんですね。
そして大劇場の客席の、なんと4列目という破壊的な席(笑)
繊細な息づかいまで、しっかりと堪能できる距離。
今回、席を取ってくださった方にはあらためて感謝感謝です。
2017-12-08 20.45.03-2.jpg
抜群な臨場感で聴く、珠玉の曲たちの素晴らしさはもちろんですが、
僕は岡村孝子さんのおしゃべりの時間が大好き。
ご本人はMCがあまり得意ではないと謙遜していらっしゃるんですけれど、
訥々としたおよそ飾り気のないおしゃべりを聴いていると、
舞台と客席の隔たりを忘れるほどに、ほんわかとした空気に包まれます。

僕自身が「言葉」を仕事にしているから感じることかも知れませんが、
岡村孝子さんがおしゃべりの中で言葉に込める誠実さは怖ろしいほどです。
たとえ発する言葉は同じでも、そこに込める気持ちの深さは浅くも深くもなりますし、
自分の気持ちを言葉で伝えようとした時、どういう言葉を選ぶか、という
岡村さんの言葉の選択に対する集中力と、妥協の無さ、怖ろしいです。
その誠実さが、こんな大空間を柔らかな空気に変えるのですから、
幸せ過ぎて、ヘンな話、深いため息が出てきます…。

「相手の前に今、自分がいる」、という、ふだん見落としがちな奇跡。
この奇跡を感じながら、相手の息づかいを拾い続けてゆく誠実さ。

僕も仕事柄、大勢の人に向けて言葉を発信する機会が多いのですが、
その場をどうにかうまくまとめよう、という邪念に翻弄される自分の軽さを思い知ります。
「自分が今、相手からどう見えているか?」なんて、
伝えたい気持ちが強ければ、本来考える必要の無いことです。
そこを気にしてしまうということは、伝えたい気持ちがまだ足りないということですね。
当然のことですが、今この瞬間は今しかありません。
岡村孝子さんの歌もおしゃべりも、その瞬間を極限まで大切にする、深い心を感じます。
2017-12-08 18.33.20.jpg
コンサートのラストナンバーでは、もうダメかと思いました(笑)
隣の席に知人がいなければ崩れていたかも知れません。
音楽を聴いていて、切なくて涙が出るということはよくありますが、
「旋律が幸せ過ぎて泣く」ということがあるのですね。恐るべしです。

そしてこの余韻は大変しぶとく、明くる日の蒲団の中でもまだ続いていて、
僕は一人前の中年ですが、蒲団の中で泣きましたとも。

そしたら、その昔、蒲団の中で泣いた夜のことを思い出しました。
小学校高学年の、これもちょうどクリスマスの夜のことです。
もう、自分の親がサンタさんなんだってことに気づいていた年頃です。
クリスマスイブの晩に、理由は忘れてしまいましたが、親と喧嘩になってしまい、
今年はイヤなクリスマスになっちゃったなあって思っていました。
蒲団に入って小一時間すると、母親がそーっと枕元にやってきて、
ガサッと何やら包みを置くような音がして、またそーっと部屋を出ていきました。
蒲団をかぶっていた僕は、その音が何なのかを察して、
申し訳なかったからなのか、嬉しかったからなのか、
自分の気持ちがよく分からないまま、蒲団の中でとりあえず泣きました。
ちっぽけな自分と、愛されている自分、両方を同時に感じたのかも知れません。
このコンサートの余韻は、昔のそんな出来事とリンクする、とても心あたたまるものでした。

この日来ていた多くのお客さんも、こんなふうに自分の思い出と合わせながら、
大切な人や、大切な時間に思いを馳せていたのかも知れません。
会場中、とてもとても幸せそうな顔がいっぱいでした。


ダメですね、お酒が入っているわけでもないのに語ってしまいました。
次は大阪千穐楽。3列目。自分が心配です(笑)
そしてさらなる素晴らしい歌声が楽しみです。


nice!(4) 
共通テーマ:演劇

ほしあいめみちゃん [日々雑録]

岐阜からの帰り、僕らキューブリックメンバーは名古屋駅から新幹線に乗るので、
ちょっとの時間でもいいから会いたい、この人を呼び出しました。
おもに東海圏で活躍中の女優、ほしあいめみちゃん。
最近ではテレビのグルメリポーターもしています。
たしかに、とてもおいしそうに食べる人です(笑)
2017-12-10 18.49.11-1.jpg
キューブリックには一昨年『ことでんスリーナイン』のヒロインとして参加してくれました。
初めて会った日から、めみちゃんとは必ず一緒に何かやるだろうなあって思ってました。
知り合ってからの年数もそれほど長くないし、
作品も一回しか一緒にやってないんだけれど、
ものすごく昔からの知り合いみたいな感じの人。
会ったらいっぱい話そうと思っていたんだけど、
いざ会ってみると、一緒にいるだけでじゅうぶんに思ってしまう。


東京と名古屋の距離の遠さが、いつももどかしいんだけど、
いつでもそんなハードルは飛び越せるくらい、お互いを近くに感じてる。
これから先、いくつ一緒に作品を作れるかな。
DQrj_jtVQAA3y32.jpg

nice!(4) 
共通テーマ:演劇

岐阜の若者たちと演劇やってきました! [日々雑録]

岐阜といえば、シアターキューブリックにとっては、
関ケ原東西武将隊、『島津の疾風』、『樽見鉄道スリーナイン』と、
まさに第二の故郷のような場所なのですが、
今回は岐阜高専演劇部の皆さんと演劇ワークショップをやってきました。
岐阜高専演劇部の皆さんとの出会いは3年前の鉄道演劇『樽見鉄道スリーナイン』。
この時に公演のサポートをしてくださったことをきっかけに
その後、はるばる東京までシアターキューブリックの公演を観に来てくれたり、
劇団メンバーが学校の文化祭に遊びに行ったりと、お付き合いが続いてきました。
そして今回は、僕らが出会うきっかけとなった鉄道演劇の稽古を体験してもらおう!
という趣旨のワークショップを企画しました。

岐阜市の郊外、本巣市にある岐阜工業高等専門学校までは樽見鉄道に乗って。
ちょうど大垣駅に停まっていたのは、公演で使わせていただいた車両でした。
2017-12-10 10.01.10.jpg

車内の吊り革がこんなかわいらしいデザインになっていました!
2017-12-10 10.12.52.jpg


ふだんは1ヵ月近い時間をかけて煮詰めてゆく公演の稽古。
わずか半日のワークショップをどういう時間にするべきか。
「ローカル鉄道演劇」という特異なスタイルのワークショップではありましたが、
行き着いたところは、やはり「演劇の楽しさを分かち合う」ということでした。
2017-12-10 13.17.52.jpg
経験や技術の話をすれば、当然ながら僕らのほうが豊富に決まっています。
俳優は、お客さんに丁寧に誠実にメッセージを届ける仕事である以上、
経験や技術は大変貴重なものです。
ただ、演劇の現場でもっとも大切なことは、「感情」です。
それは自分自身が自覚してコントロールできる感情もあれば、
無自覚的に氾濫する感情もあります。
特に後者の感情は、多感な10代20代の彼らの宝物。
それらの感情が、仲間との協働の方向へと向けられた時、
思いもよらない奇跡が起こります。
今回のワークショップの稽古場もそんな空間になりました。
彼らの潜在能力は計り知れないものがあります。
彼らと一緒に過ごした時間はほんの僅かであるはずなのに、
僕は心から彼らの変化や成長を嬉しく、そして頼もしく思いました。

きっと、彼らの中に、在りし日の自分を見ていたのだと思います。
ずーっと昔、自分もこうだった、と。
そして、そんな自分は今どこに行ったのか、と。
かつての僕は、けっして失われてしまったのではなくて、
自覚していない、自分自身のどこかに隠れているんです、きっと。
それを探したくて、僕はこういう時間を企画し、彼らに会いにいったような気がします。
プロの演劇人が高専生に演劇を教えに行くなんて、これっぽっちも思っていなくて、
むしろ彼らから教えられる、気づかされることだらけだった一日でした。
2017-12-10 15.27.08.jpg
経験を重ねたことが却って仇になり、「慣れ」から「惰性」へと落ちていったとき、
老いていようといなかろうと、人間はきっとダメになってゆくんだなあと、
キラキラ輝く彼らの目を見ながら、そんなことを思いました。

人生日々勉強。
僕も彼らに負けないよう、いつまでも挑戦を続けていきたいと思います。
2017-12-10 16.31.38.jpg

nice!(4) 
共通テーマ:演劇

今月のお題「僕が冬にオススメする映画」 [きゅ~め~る今月のお題]

早いもので今年も最後の「9日」となりました。
毎月9日は、「9」と「キュー」で、「キューブリックの日」。
劇団メルマガ「きゅ~め~る」の配信日でもある毎月9日は、
各自が持っているブログでメンバー全員が同じお題で記事を書く、という
2006年から、かれこれ11年も続いている企画なんですよ~。

今月のお題は「冬にオススメする映画」です。
寅さんとか釣りバカ日誌とかがお正月休みの定番映画ですがね、
今年の僕は即答で「LA LA LAND」ですよ。

クリスマスに観ても、お正月に観ても、どっちでもイケます。
当然ながら洋画なんですけど、滑稽さや切ない感じがきめ細かくて、
日本人の感覚で観ていても自然に作品の世界に入っていけます。
そのうえ、エンターテインメントの要素も満載なので、ハッピーな気分になれます!
とにかくヒロインのエマ・ストーンさんがかわいい!!(表面だけじゃなくてね)

もはや「ホームシアター」でご覧になるしかありませんが、
ぜひ、おいしい食べ物、飲み物を用意して、観てみてください。
だいすきな映画です!
2017-12-07 17.54.12.jpg

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

ユーミン@帝国劇場 [日々雑録]

2017-11-28 18.16.11-6.jpg
松任谷由実さんの舞台を観てまいりました。皇居前の帝国劇場です!
そしてユーミンなのにコンサートではありません。演劇です。
すごいですよね。


松任谷由実さんの楽曲とコラボしたお芝居。
語り手的ポジションの松任谷由実さんが、
ストーリーの進行に絡めてご自身の歌を歌うんです。
まだ公演が残っていますので、具体的なことは書けませんが、
シャングリラの演劇版とでも言いましょうか。
この方の楽曲の世界観は、本当にいろいろなカタチで表現できるんですね~。
2017-11-28 18.36.09-2.jpg
ベテランの寺脇康文さん、六平直政さん、斉藤洋介さんの深みのあるお芝居は無論、
若手の中別府葵さんなどが紡ぐ軽妙でリズミカルなお芝居、
とりわけヒロイン宮澤佐江さんの瑞々しさが印象に残る素晴らしい舞台でした!
瞬きをするのも勿体ないくらい演出が本当にすごいのですが、
逆に目を閉じて世界観を堪能してみたくなるような気持ちにもなりました。
舞台を観る者にとってこれほど贅沢な悩みはないですね。


そして、帝国劇場といえばロビーがお楽しみ!
年季の入った劇場空間って、包まれているみたいで安心するし、わくわくします。
2017-11-28 18.36.26-1.jpg
2017-11-28 20.48.20.jpg
案内の字体も好き。


nice!(3) 
共通テーマ:演劇

敵地の桑の実 [日々雑録]

長宗我部元親を描いた司馬遼太郎さんの小説『夏草の賦』のなかにある、
元親が平民に身をやつして敵の領地に乗り込んで、
地形等、合戦に必要な情報を自分の目で確かめに行き、
そのついでに敵地の桑の実を盗み、農民に追われ、
城に戻ってくるというエピソードが大好きで。

作品づくりやあるいは何かの企画の折、
自分は、その題材の地域にやや長めに滞在することが多く、
元親のそのお話と少し似ているなあと。
2017-11-20 10.50.57.jpg
作品づくりは、自分との戦いのようなもので、
題材となる地域に、いかに「同化」できるか、
それによって、その作品や企画の深みが変わってくる。


地元の人たちの素顔が覗ける場所、会話が漏れてくる場所。

気がつくと、僕はいつもそういう場所に留まっている。
作品の結果が出るまで、あるいは結果が出た後でも、
そういう、ぐうたらした行動が評価される日は来ないかも知れないけれど、
こういう時間がとても大切だということをあらためて感じた。

いつでもどこか無意識に「桑の実」を探しているのかも知れない。

2017-11-20 11.17.56-2.jpg


2017-11-20 12.43.43.jpg
これは柿の実。
nice!(3) 
共通テーマ:演劇

導かれるままにゆく [日々雑録]

仕事ならば目標だって立てなきゃならないし、
こうありたい明日の自分の姿を思い浮かべたりするけれど、
それが達成できたことなんて、ほんの僅かだ。
なんか苦しいなあって思う時は、大概、掲げた理想や目標に縛られてるし、
心が軽く感じる時は、見えない何かに導かれて、その日の風に身をゆだねてる。

世の中にはパワースポットと言われる場所がいくつもあるけど、
自分だけのタイミングで、自分だけのパワースポット、というのもきっとあると思う。
近頃、そのタイミングと場所を嗅ぎわけて、そこへ行けるようになってきた。

なぜそのタイミングで、なぜその場所なのか、その時の僕には説明できない。

いつも後になって、「ああ、あのときのあの出来事か…」というように、
因果はずいぶんと時が過ぎてから自分に答えを教えてくれる。

今日も僕は、よく分からない何かに導かれ、心軽やかに歩いている。

2017-11-19 15.41.10-2.jpg

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

『キラキラ橘商店街 SHOW店街でショー!』閉幕しました! [地元すみだ]

23548031_1526994547389077_1906124166_n.jpg
11月11・12日の2日間にわたってキラキラ橘商店街にて行なわれた、
シアターキューブリックプロデュース『キラキラ橘商店街 SHOW店街でショー!』は、
お天気にも恵まれて、びっくりするほどの大盛況で幕を下ろすことができました。
ご来場くださったみなさん、ありがとうございました!楽しんでいただけましたか!?
僕らみたいな若手劇団が地元自慢の商店街とコラボさせてもらえる幸せはもちろんですが、
その商店街の皆さんや、元気なちびっ子たちの幸せそうな顔をたくさん見ることができて、
何よりもそれが一番の幸せでした。

ふつうの劇場での公演も劇団のメンバーの努力だけで成り立つものではなくて、
多くのスタッフさんや協力してくださる皆さんの労力と知恵をお借りしていますが、
さすがに、ひとつの街を盛り上げるお祭りともなれば、その規模や人数もすごいです。
23574259_1526994917389040_355708099_n.jpg
墨田区役所や観光協会さんをはじめ、商店街と繋がりの深い大学ゼミの皆さん、
地元の高校、中学校の皆さん、ゆるキャラの皆さん、ミュージシャンの皆さん、
サンバチームの皆さん、お笑いタレントのみなさん、そして商店街の各店主さん、
そしてそして、それらの皆さんを束ねる商店街の事務局長さん。
誰一人欠けても実現できなかった今回のイベント、まさにお芝居と同じです!

6年間継続している帰ってきたキューピッドガールズの活動が基盤となって、
この街とエンターテインメントの親和性が強まってきていることも肌で感じました。
「演劇のチカラで街を遊園地に!」という壮大な夢。着々と進んでいると思います。

劇団なんていうものは本来自己主張の強い人間の集まりなんですが、
街全体を劇場にして、自分たちがやりたいことをしたい放題やれればいい、
なんてことはこれっぽっちも思っていなくて、
どこまでも商店街が主役、お店が主役、この街に訪れる人たちが主役。
今回僕たちがプロデュースしたイベントは、飽くまでも人と人を繋げる接着剤、
あるいは本来の味の魅力を引き立てる調味料のようなものです。
これからも、僕らの仕事である演劇を活用して、
僕らが守りたいと思っている大切な場所の魅力を広めていきたいと思います!
23513470_1526995007389031_1989535148_n.jpg
23549809_1526995077389024_1029854797_n.jpg
23515934_1526995194055679_1432673558_n.jpg
23549476_1526995284055670_2026290464_n.jpg

そして、大変個人的な心境で恐縮ですが、
この街に住んでいてよかったなあと思う瞬間がいっぱいあった2日間でした。

(写真:山村厳さん撮影)
nice!(3) 
共通テーマ:演劇

今月のお題「『SHOW店街でショー!』のオススメプラン☆」 [きゅ~め~る今月のお題]

毎月9日は、「9」と「キュー」で、「キューブリックの日」。
劇団メルマガ「きゅ~め~る」の配信日、毎月9日は、
各自が持っているブログで全員が同じお題で記事を書く、という
かれこれ11年も続いている企画なんです。

「演劇のチカラで街を遊園地に!」というテーマで活動を続けるシアターキューブリックが、
地元の有名商店街と組んで今年も2日間のイベントを開催します!
その名も『キラキラ橘☆SHOW店街でショー!』。コテコテのネーミングですね。
2016-11-13 10.44.41-2.jpg
2日間のあいだにあっちこっちで出し物が目白押し!
どれも是非参加して楽しんでほしいと思いますが、
それでも忘れずに絶対に体感してほしいことがあります。

「商店街」の空気を感じてみてください。

商店街って、単に道にお店が並んでいて、馴染みのない人には
「ショッピングモールの個人商店版で屋根がない版」だろ?
って思われそうなのですが、まったく違います。
「モノ」ではなくて「人」が主役の場所なんです。
買い物を通して、お店の人とお客さんがしあわせを渡し合う、そんな場所。
2017-09-02 18.47.40-1.jpg
陽気の話をしたり、お互いの体調を気遣いあったり、
駆けてゆく見知らぬ子供の心配をしたり、時には親みたいに叱ったり。
僕はこんなことが当たり前の墨田区で育ちました。
大人になるにつれ、それが日本全国当たり前ではないことを知って、びっくりして、
そして自分の仕事を活用しながら、
このような人のぬくもりをもっと知ってほしいと思うようになりました。

区外から訪れた人から、よく聞く感想なのですが、
「墨田区の商店の人は、顔がこわい」。
ずっとここで暮らしてきた僕はこれも当たり前だったので、
まったく気づきませんでしたが、言われてみればそうかも知れません。
おそらく、商店街の存在は地域の安全維持の役割も兼ねていて、
地元にとっての「優しくあたたかい目」が、
地元の人ではない方から見ると、「きつい目」になっているのかも知れないです。
観光地の商店街とは違い、地元の人々の生活の場だったりもするので、
一見話しかけづらいかも知れませんが、だいたいの人は気さくです。
この「壁をひとつ越えた感じ」を体感してもらうのも、この街の魅力。

ですが、商店街の空気の感じ方は、みなさんそれぞれです。
「人が主役」の場所ですから、地元の人、地元でない人関係なく、みんな主役です。
自分の街だと思って、自分の家の中をゆくように、ぶらぶらしてみてくださいね!

『キラキラ橘☆SHOW店街でショー!』の特設サイトはこちら!
各イベントの紹介、スケジュール、開催場所などご確認ください!
http://qublic.net/showtengaideshow/

お待ちしておりまーす!

2017-06-17 15.40.25.jpg

nice!(3) 
共通テーマ:演劇