So-net無料ブログ作成
検索選択
地元すみだ ブログトップ
前の10件 | -

演劇のチカラですみだの街を遊園地に! [地元すみだ]

18816759_1385493714872495_2082121715_n.jpg
先日6/3(土)、地元のすみだリバーサイドホールにて
墨田区主催のすみだ地域学セミナーという講座の講師をしてまいりました。
地元からお声をいただき、地元の皆さんに向けて、
演劇を活用した地元地域活性化をお話できる機会をいただき、大変光栄でした。
会場は満員で200名以上の方にお集まりいただきました。
お忙しいなかご来場くださった皆さん、事務局スタッフの皆さん、
どうもありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

講座では墨田区出身&墨田区育ちの演劇人である緑川が、
どのような経緯で演劇を活用した地域振興の活動をするようになったのか、
シアターキューブリックの劇団の歩みを中心にしながらお話をしました。
劇場公演を専らとしていた旗揚げ以降の活動初期も、
「演劇の魅力を広めたい」という気持ちを強く持って作品を作っていましたし、
作品ごと、題材となったものや場所の魅力を広めたいという気持ちも強くありました。
そうした活動のなかでたまたま「場所」という要素が、
お客さんが「わざわざ足を運んで観に行く」演劇の特性と、
切っても切れない関係であることに気づき、
2008年以降のローカル鉄道演劇や関ケ原での観光おもてなし武将隊、
地元墨田区での帰ってきたキューピッドガールズの活動へと展開していったわけです。
その間の僕たちの思考、葛藤、失敗、発見をお話しました。
19046865_1385493728205827_130144544_n.jpg
講座の一部ではシアターキューブリックの俳優陣が登場、
まさに「実演」で、演劇を使った街づくりを披露してもらいました!

この日の講座ではこれといった結論はありませんでした。
「街を遊園地に!」というのは観光地化を目指すわけではなく、
地元の人が自分たちの街を楽しむ、そんな空間を創ること。
これは前人未踏の世界でありまして、
現時点で「これをすれば必ずこうなる!」と断言できることは何もなく、
そういった社会を目指して、今こういうことをやっています、
という途中報告だと思って聴いていただきました。

東京スカイツリー開業を機に街の再開発が進んでいる墨田区ですが、
演劇を活用した独自のアプローチで、
新しいもの、昔から大切にしているもの、両方の魅力を発信して、
もちろん演劇ファンの裾野も広げていきたいと思います!
2015-10-07 17.43.08.jpg
会場の写真撮影:山村厳さん
nice!(3) 
共通テーマ:演劇

地元すみだで、まちづくり語ります。 [地元すみだ]

CxMlbuKUUAA9An-.jpg
緑川憲仁が「演劇を使ったまちづくり」についてお話する機会をいただきました!
シアターキューブリックの活動では劇場公演のほか、
ローカル鉄道や箱根海賊船、下町の銭湯や商店街、
いろんな場所を劇場にして演劇作品を上演してきました。
劇団女優陣で構成するアラサーアイドル「帰ってきたキューピッドガールズ」は、
地元の商店街を舞台に独特な活動を続けて、テレビや新聞にも取り上げていただいています。
演劇を単なる芸術作品としてだけではなく、社会インフラのアイテムとして表現することで、
個性的なまちづくりの一要素になるのではないか、という気づきから始まった活動です。
そんな地元での活動を評価していただけたのでしょうか、
この度、あまり人前に出ない緑川が「演劇を使ったまちづくり」を語ることになりました。


-------------------------------------------------------------------------
墨田区主催 すみだ地域学セミナー
「演劇のチカラですみだの街を遊園地に!」

開催日時
6/3(土)14:00~15:30(開場は13:30)
会場
すみだリバーサイドホール イベントホール

講師 緑川憲仁
料金 500円(墨田区在住or在勤の方は割引あり)
※このセミナーは5回シリーズとなっていて、
今回の料金で全5回のセミナーを受講することができます。
詳しくはすみだ学習ガーデンのホームページをご覧ください。

★応募締切 5月8日(月)★

お申込み方法
すみだ学習ガーデンホームページ申込フォームより
http://www.sumida-gg.or.jp/
※定員200名で応募多数の場合は抽選になります。
抽選結果は5/17(水)までにお知らせします。

アクセス
すみだリバーサイドホール イベントホール
墨田区吾妻橋1-23-20
東武線・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「浅草駅」から徒歩5分

お問い合わせ
すみだ学習ガーデン地域学セミナー担当
TEL 03-5247-2009
-------------------------------------------------------------------------

自身で発信することが大苦手であるがゆえに
作品を通してメッセージを発信しているわけですが、
そんな人間が、作品を通さずに自身の活動を語る稀有なセミナーです(>_<)
ふだんの劇団作品には顕れない何かしらが出てくるのかも知れません。
皆様のご来場をお待ちしております!

なお、他の4回のセミナーもかなり気になるラインナップですよ~。
第1回 5/27(土) 「両国・回向院と相撲」
第3回 6/10(土) 「戦後のすみだを振り返る」
第4回 6/17(土) 「浮世絵と川柳に見る江戸名所~すみだを中心に~」
第5回 6/24(土) 「墨田区境逍遥 境界には理由がある」

2016-11-13 10.44.41-2.jpg

nice!(5) 
共通テーマ:演劇

新しい曳舟 [地元すみだ]

2017-04-01 15.21.44.jpg
今日からいよいよ4月。僕の地元、墨田区の曳舟が大きく変わっています。
すでに数年前から東武線と京成線に挟まれたエリアは、
大きなイトーヨカドーをはじめ再開発が進んでいましたが、
古ぼけていた東武線の曳舟駅がとてもキレイになりました。
これまでのコンクリートでゴツイ雰囲気もけっこう好きだったので、
ちょっと淋しい感じもあります。
個人的な思いはさておき、曳舟は新しくなりました。
駅のすぐ目の前には曳舟病院という駅直結の病院ができました。
駅改札から曳舟川通り口へ抜けるコンコースには、
TULLY’sやVie de Franceなどおなじみのチェーンが並ぶモールが間もなくオープン。

曳舟って、昔からわりと鉄道の要だったのですが、
知名度も低く、注目度も低く、そして開発もされず、
でも利便性が高い、というギャップがお気に入りでした。
ですが、いよいよ地域の要衝に相応しい再開発が進んできて、
お気に入りだったギャップがなくなってきてしまいました。
また新しいお気に入りポイントを見つけていくとしましょう。
2017-04-01 15.24.27.jpg
▲駅コンコースの新しい柱には、今月21日デビューする特急のポスター。

2017-04-01 15.27.28.jpg
▲駅改札には窓口専用のレーンも設置されました。
改札近くにいた金魚はまだ戻ってきていません。

2017-04-01 15.28.14.jpg
▲まだ模様替えされていない柱が残っています。
東照宮陽明門の逆さ柱のように、一本だけこのままだったらおもしろい。


2017-04-01 15.30.00.jpg
再開発が進む駅東口に比べ、駅西口は相変わらずの駅裏感です。
コカコーラの看板は僕が生まれた頃からあります。
街の様子がどんなにキレイに変わっていっても、
子供やお年寄りが安心して歩ける街だといいなと思います。


最後に、新しいお気に入りポイント、「誰も見ない駅看板」。
2017-04-01 15.23.25.jpg
新しい病院のビルが駅スレスレに建ってしまったため、
曳舟駅東口の看板は、何の役割も果たさず
今も静かに存在しています。
曳舟にお越しの際はぜひ探してみてください。

nice!(4) 
共通テーマ:演劇

座席も空調もない劇場だけど。 [地元すみだ]

C4btsdpUcAIhV2_.jpg
今日の帰ってきたキューピッドガールズはバレンタインステージでした。
2月の寒い日にもかかわらず、今日もたくさんの方がすみだに遊びに来てくれました。
座席も空調もない「劇場」ですが、舞台美術は街全部、みなさんもキャストの一人、
帰ってきたキューピッドガールズのステージはそんな特別な公演です。
今日はステージの後、ちょっと足を延ばして三輪里稲荷までプチ遠足をしました。
すみだの魅力はまだまだたくさんありますし、日々街は変わっていっています。
演劇要素を絡めながら、楽しいエンターテインメントを広げてまいります!

P.S. 裏方の僕にまでバレンタインのチョコをくださって、ありがとうございました(^O^)

(今日の写真は市場法子撮影)
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

曳舟駅が変身しています [地元すみだ]

われらがすみだの街の玄関、東武線の曳舟駅が変身を続けています。
駅のすぐ隣で建設中のビルには、なんと病院が入ります。
これまでの古ぼけた曳舟駅がお気に入りでしたが、
いよいよ曳舟も新しい時代が始まろうとしています。
ここを素敵な街にしていくのは、この街で暮らす僕らの役目。
2017-02-04 17.46.58.jpg
2017-02-04 17.24.58-2.jpg

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

非日常の風景が日常の街 [地元すみだ]

活動6年目に入った帰ってきたキューピッドガールズ。
道行く人も、「あ、キューピッドガールズやってる」と言って自転車を止めてくれます。
最初は、どこの誰もやっていないことをやろう!という気概で始めた
下町商店街を盛り上げるヘンテコアラサーアイドルグループでしたが、
街の風景の日常になる日が来ることはあまり想像していませんでした。
こんなヘンなことばかりが行なわれている風景がすみだの商店街の日常です。
なぜか誰もが懐かしいと感じる不思議な街です。
ぜひ、シアターキューブリックの地元・墨田区に遊びにきてくださいね。
2017-02-04 14.26.22-3.jpg
2017-02-04 14.31.33.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

葛飾北斎の世界を旅しながら楽しむ演劇、初日 [地元すみだ]

2008年のローカル鉄道演劇『銚電スリーナイン』以降、シアターキューブリックでは、
演劇が表現の根底に隠し持っている旅の感覚と、
本物の旅の醍醐味を掛け合わせた作品をいくつも上演してきました。
そして2011年以降、劇団のホームグラウンドである墨田区では、
地元の商店街を盛り上げるアラサーアイドルグループ、
帰ってきたキューピッドガールズの活動を通して、
墨田区の様々な魅力をエンターテインメントを通して広めてきました。
今回の企画は、両国に新たにオープンする葛飾北斎美術館開館を記念した、
地域挙げての大規模なフェスティバルの中のひとつ。
僕らの活動テーマは、とにかく敷居を低くして、魅力を知ってもらうか、楽しんでもらうか!
(そのわりと緑川の作品は繊細で難しいと言われますけれど(>_<))
2016-09-25 10.12.43.jpg
毎週ステージを行なっているキラキラ橘商店街の時間軸から、
そのまま墨田の街へ繰り出そう!というスタート。
「葛飾北斎を名乗る複数の男たちが街に逃げ出した!
彼らを追って北斎ゆかりのポイントをめぐり、北斎の素顔に迫ろう」
というコンセプト。

葛飾北斎は江戸時代後期に活躍した墨田区出身の絵師で、
ダイナミックな富士山の絵が最も有名ですが、
当時の墨田の風光明媚な景色をいくつも絵に残していて、
今日はその場所の現在を訪ねてみました。
2016-09-25 15.08.55.jpg
鐘ヶ淵の木母寺から始まり、隅田川神社、法泉寺、白鬚神社、三囲神社、牛嶋神社へ。
歴史やまちあるきに興味のない人にすれば、お寺や神社は地味な場所ですが、
そこで繰り広げられるお芝居を通して歴史や人となりを知れば、
まったくかすりもしなかったものも、「ふーん」または「ほお~」くらいになるかも知れない、
その可能性に賭けて、僕らは魅力あるものを広めたい!と、この活動をしています。
2016-09-25 13.09.41.jpg
▲白鬚神社では、たまたま居合わせた神主さんが楽しい説明をしてくださいました!

2016-09-25 12.24.35.jpg
▲旅行雑誌には載っていないおもしろポイントもたくさん!

2016-09-25 13.24.20.jpg
▲まちあるきの醍醐味は寄り道のグルメ!墨田区はおいしい和スイーツがいっぱい!

今月の東京はほとんど毎日雨が降っていたのですが、
シアターキューブリックのイベントの日はやはり、、、晴れでした!!
個人的には、劇団メンバーが久々に集まりお客さんをおもてなしできたことが
何より嬉しかったです。(京都にいる河野結だけ欠けてしまいましたが!)
今日、朝から夕方まで参加してくださったみなさん、ありがとうございました!!
次回は10月8日(土)、生涯で90回以上引越しをしたという
驚異的なエピソードを持つ「北斎さんの引っ越し」がテーマです。
今回以上に楽しい企画をご用意いたしますので、楽しみにしていてくださいね!!
お申込み方法はシアターキューブリックのホームページをご覧ください。
2016-09-25 16.10.53.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

2月6日の帰ってきたキューピッドガールズ [地元すみだ]

2016-02-06 14.14.44.jpg
ホームグラウンドの墨田区を盛り上げる帰ってきたキューピッドガールズ。
今日もキラキラ橘商店街の入口、田丸神社前でのステージでした。
寒いなか、おいでくださったたくさんのみなさん、ありがとうございました!
特別な冠の付かないステージだったので
「今日はフツーのステージよ」って、彼女たちも言っていましたが、
毎回即興でのイベント、これまでと同じステージだったことは一度もなくて、
舞台公演では台詞や段取りに囲まれてきた役者たちが、
よくまあ、ここまでそれらをかなぐり捨ててやってきているなあと
時々感心しながら見てしまったりします。

これまで丸4年間、ほぼ毎週末、
誰に頼まれたわけでもなく、誰にギャラをいただけるわけでもなく、
演劇が何かの役に立たないだろうかという試行錯誤でここまでやってきました。
地方での公演も重ねてきたシアターキューブリックのノウハウを、
あらためて地元の活動にしっかりと活かしていきたいと思いました。
次のステージは2/14(日)、バレンタインデーです!
まだナマの彼女たちをご覧になっていない方は、ぜひ一度すみだへ!
下町人情あふれる商店街で待っています。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

縁起がよさそうな。 [地元すみだ]

2016-01-16 14.19.16.jpg
キラキラ橘商店街の入口にあたる田丸神社前の広場にて
帰ってきたキューピッドガールズの「縁起がよさそうなステージ」でした。
ヘンなグループだし、さらにステージの名前もヘンです。
「縁起がよさそうな」というのは、
商店街を応援するアイドルならではの、福袋販売を記念して、という……(笑)。
10年前はたった数分の即興でさえ悲惨なくらいできなかったのに、今日は
台詞のない、先の読めないステージで、役者たちがわいわいやっているのを見て、
「キューブリックの空気がよく出てるなあ」なんて思いながら見守る自分がいました。
お客さん、すみだの街、商店街の皆さん、そしてメンバーの面々。
好きなものがいっぱい増えたのいうのが、彼らの変貌のもとなんだろうなあ、と。
やっぱり、僕ら表現者はそういうもの、人から、力をいただいて、
それを劇団というフィルターを通して、作品に変換しているんですね。
素敵な時間をありがとうございました。
これからもすみだの商店街を盛り上げてまいります!
そういえば彼女たちの福袋の中身は何だったんだろう…。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

2016初すみだ [地元すみだ]

2016-01-10 12.19.04.jpg
昨日は今年初めての帰ってきたキューピッドガールズのステージでした。
帰ってきたキューピッドガールズとは、シアターキューブリックがプロデュースする、
墨田区と商店街を応援する目的のアラサーアイドルグループです。
ホームグラウンドとしてやらせて頂いている東京墨田区のキラキラ橘商店街は
ここ最近、新しいお店が次々とオープンしたり、リニューアルするお店があったり、
あらためて楽しい商店街になってきています。
新旧の魅力が入り混じる墨田区そのものとも言えます。

「古きを訪ねて新しきを知る」。
その言葉を胸に、今年も演劇のチカラで自分たちの街から全国へ、
元気を発信していきたいと思います!
ぜひ、シアターキューブリックの地元、すみだへ遊びにきてください!

帰ってきたキューピッドガールズのブログ→http://qupidgirls.blog.so-net.ne.jp/
nice!(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 地元すみだ ブログトップ