So-net無料ブログ作成
検索選択

葛飾北斎の世界を旅しながら楽しむ演劇、2日目 [劇団のこと]

この秋、両国にオープンする北斎美術館の開館を記念して、
墨田区を挙げて葛飾北斎で盛り上がる大プロジェクトに
シアターキューブリックも参加させていただいております。
10月8日は、シアターキューブリックのイベント2日目でした。
初日の9月25日は夏のような陽射しのもとでの野外演劇でしたが、
一転、今回はキューブリックのイベントとしては大変珍しい雨模様の天気からスタート。

今回もホームグラウンドのキラキラ橘商店街でのステージが、
北斎イベントのオープニングを兼ね、賑やかに始まりました。
このころは、時折風に霧雨が混じるくらいでしたが、
まちあるきの一行が錦糸町の北斎通りを行く頃、
雨足が強くなってきてしまい、北斎茶房にてしばしの雨宿り。
それに伴いルート変更を余儀なくされ、
竪川周辺のおもしろポイントをいくつか飛ばすことになってしまいました。
でも、北斎美術館が建つ、弘前藩上屋敷跡まで来た時には、お天気も復活!
道のりの半分以上は傘も使わずに散策することができました。
2016-10-01 13.13.55.jpg
▲弘前藩の下屋敷跡に建つ津軽稲荷神社。今回のお芝居はここからスタート!

今回の演劇は、葛飾北斎が繰り返した「引越し」に因んで、
北斎のパワーで不動産屋にさせられてしまった、
帰ってきたキューピッドガールズリーダーの「オクヤマ化粧品店」が、
北斎が望むいい物件を探す、という珍妙なストーリー。
津軽稲荷神社、榛稲荷神社、両国橋、隅田川の4ヵ所で野外演劇を展開、
北斎のキャラクターやエピソードを北斎ゆかりの場所で紹介することができました。
長距離の散策に加えて、お天気もあまりよくなかったので、
参加されたみなさんが体調を崩されなかったか気がかりですが、
すみだの街と北斎の世界を楽しんでいただけていれば嬉しいです。
2016-10-01 13.59.35.jpg
この企画の脚本を書くことが決まったときから、
最後のシーンはどうしても隅田川を背景にしたい、という気持ちがありました。
北斎が生きた200年前の隅田川とはずいぶん趣きの異なる風景となりましたが、
今見ている風景と、昔描かれた北斎の絵を重ねあわせることで、
人は将来の理想の風景を思い描き、イメージすることができます。
そうすれば、この街の将来がよりよい方向へ向かうことができるのではないか、
そんな想いを持ちながら、今回のガイドツアー演劇を創ってみました。

1ヶ月後には、キラキラ橘商店街を劇場に見立てたシアターキューブリックの公演があり、
11月22日には北斎美術館がオープンします。
すみだの街が大きな遊園地になる日を目指して、僕たちの冒険は続きます。
m_14589611_1141232825965253_2847432001817326877_o-6def3.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

日本民営鉄道協会の広報誌のインタビュー記事です [劇団のこと]

2015-09-22 11.42.25.jpg
2008年以降6度にわたって、全国各地のローカル鉄道とタッグを組んで、
「ローカル鉄道演劇」と銘打った公演を展開してきたシアターキューブリックですが、
この度、日本民営鉄道協会の広報誌「みんてつ」にてインタビューを受けまして、
インターネットでも、その記事がご覧いただけるようになっています。
今号では香川県の高松琴平電気鉄道さん(ことでん)が取り上げられていて、
その中で、去年上演の『ことでんスリーナイン』についてお話をさせていただきました。
ことでんの真鍋社長をはじめ、お世話になった方々がいっぱい出ていらっしゃいます。
ことでんが地域とともに歩む様々な取り組みについて紹介されていて、
あらためて、ことでんという会社の斬新さと、地域への愛情を感じる記事でした。
遠く離れた四国の、こんな立派で面白い会社とご一緒できたことを誇りに思います。

緑川の記事では『ことでんスリーナイン』が行なわれることになった経緯や、
ローカル鉄道演劇に賭ける思い、ことでんに感じる魅力、香川県の魅力など、
いっぱい語らせていただいています。
ぜひ、お時間ある時にご覧いただければ嬉しいです。

▼緑川のインタビュー記事
http://www.mintetsu.or.jp/association/mintetsu/pdf/59_p20_21.pdf#search='%E7%B7%91%E5%B7%9D%E6%86%B2%E4%BB%81'

▼ことでん真鍋社長のインタビュー記事
https://www.mintetsu.or.jp/association/mintetsu/pdf/59_p08_11.pdf


シアターキューブリックは大好きな「演劇」、「地域」、そして「人たち」の魅力を広めたい、
そしてその魅力を多くの人たちと共有できることを、何よりの喜びとする劇団です。
2015-09-22 09.39.08.jpg
2015-09-22 11.01.17.jpg
2015-09-21 12.24.35.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

テキトー執筆 [劇団のこと]

書店で「テキトー経営」を推奨する書籍があったから、
安直に始めてみる、「テキトー執筆」。

あまりに準備をしっかりしようとし過ぎて、
なかなか書き始められない性質なので、実験的に始めちゃおう。
大事なことは、「まず始めてみること」だそうだ。
あとは走りながら考える。

引き返さなきゃいけないこともきっとあるんだろうけど、
走り出す前にうんうん唸ってるよりも、もしかしたら早いのかも知れない!

まあ、、本番まであと3週間だからな!!

2016-08-12 15.27.20.jpg

nice!(4) 
共通テーマ:演劇

大沼優記の新しい出発 [劇団のこと]

2011年に入団した大沼優記がシアターキューブリックを離れ、この度フリーになりました。
シアターキューブリックはジャニーズのグループのように固定メンバーの集団ではないので、
今までも多くのメンバーの入退団を経て、結成から16周年を迎えましたが、
そんななか、彼はひときわ印象に残る貴重なメンバーの一人でした。

大沼優記との出会いは『誰ガタメノ剣』再演で客演として出演してもらったときです。
いちばん印象に残っているのは、稽古場や劇場でのことではなく、
オーディション合格後、初めて2人だけで高田馬場の喫茶店で打ち合わせしたこと。
一度も一緒に芝居を作ったこともない彼に、
「メガネを隠れ蓑にしないほうがいい」と、偉そうに注文をつけたこと。
それ以外にも、言いづらいことをいろいろ言った記憶があります。
僕自身が感じている自分のカッコ悪いところ、隠したいところ、
そういったものを、直感的に大沼を通して感じたんだろうなと思います。
お芝居づくりの現場には多少なりともそういった「類は友を呼ぶ」性質があって、
だから劇団には自分と近いカルマを持った人間が集まってきます。
彼ももしかすると、そうやってシアターキューブリックの門を叩いたのかも知れません。
2013-05-16 17.07.33.jpg
2011年に入団した彼に、最初の公演では主役を任せました。
2年後には東京・鹿児島ツアーが実現した『島津の疾風』です。
同じ時期、関ケ原で活動した関ケ原東西武将隊のメンバーにも加わってもらったのは、
実は彼が入団した2ヶ月後のことです。
そんなトップギアの状態から彼のキューブリック時代は始まりました。
ですので、彼の在籍年数は5年なんですが、
共に過ごした年月は実際よりもうんと長い感覚があります。
名古屋で開催した「緑川感謝祭」というおかしなイベントにゲスト参加してもらったり、
彼が単独で上演した舞台にゲストで呼んでもらったり、
他のメンバーとは違う交わりが、流れた年月に濃さを与えているのかも知れません。

いろいろあったからシアターキューブリックにやってきたんだろうし、
在籍中にもいろいろありましたし、離れた後もいろいろあるのでしょう。
そういう性の渦中にお互い僕らは生きているので、
正直なところ「ともに頑張っていく感覚」であることに変わりはありません。
ぜひ、フリーになった大沼優記に今まで以上のご声援をお願いします!!!
とうふのかど

nice!(4) 
共通テーマ:演劇

日本で唯一の演劇ワークショップやりますよ! [劇団のこと]

2008年夏から今年まで、8年間のあいだに、
全国各地で6作品を上演してきたシアターキューブリックのローカル鉄道演劇。
劇団と鉄道会社がタッグを組み、地域を盛り上げる新しいエンターテインメントとして、
それぞれの場所で、そこでしか上演できないオリジナルの作品を作ってきました。
先日、茨城県のひたちなか市において公演を終えたばかりのシアターキューブリックが、
この度、初めてそのスキルを公開、かつ制作の現場を体験できるワークショップを開催します!
th_TOS_9758[2].jpg
写真:宮内敏行さん

走る列車内を劇場空間に変えるローカル鉄道演劇には、
劇場公演にはない大きな醍醐味と、たくさんの制約があります。

たとえば、時間との闘い。
流れる車窓と物語をリンクさせているので、
脚本のある部分から、ある部分までの場面は次の駅までに終わらせる必要があったり。

たとえば、空間との闘い。
列車は細長い空間ですから、
俳優が演技をしている場所の至近距離にいるお客さんもいれば、
10メートルも離れたところにいるお客さんもいます。
遠近どちらのお客さんにも演技を届ける技術は独特です。

2014-07-20 13.50.28.jpg

そういった、劇場公演ではおよそ有り得ない制約を逆手にとって、
むしろそれらの制約をお客さんに楽しんでもらえるように組み立てることが、
ローカル鉄道演劇づくりの根本にあります。

周りの環境に身を委ねながら演技をする経験は、
俳優としての精神的逞しさを鍛えてくれます。
実際の列車空間で体験してもらうことができないのが残念ではありますが、
上記のような独特なエッセンスを存分に体験してもらえるメニューを用意しています。

開催日時は4/17(日)と4/24(日)の全2回。
詳しくは、ホームページのワークショップ情報をご覧ください!(4/10締切です)
http://qublic.net/recruit/
皆様のご参加をお待ちしています!

2016-03-16 14.15.51.jpg
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

明日19時から生放送! [劇団のこと]

真面目そうでいい加減な劇団(←まるで僕そのまま(*_*;)、
シアターキューブリック結成16周年を記念したインターネット番組が明日夜生放送です。
たぶん、真面目そうでいい加減な内容になると思うんですが、
昨年行なった、メンバーの二つ名を名付ける企画がまた行なわれます。
「え、今年も…?」っていうより、そんなに毎年やるほど名前のバリエーションがあるのか!?
という不安に苛まれる放送前夜(=結成記念日)です(笑)
ですが、応援してくださった皆さん、メンバーのことを深く観察されていて、
二回目に相応しい深みと滑稽さを備えた投票をたくさんいただきました。
ありがとうございました!!
とうふのかど
▲昨年放送された結成15周年記念番組のスタジオにて。

僕、ラジオ番組に曲のリクエストとかやったことないんですけど、
投票くださった皆さんは、おそらくそれに近いわくわくがあるんじゃないでしょうか。
さらに、送ったアイディアが採用されたら、どんな感じなんでしょうね!
出ているみんな、ご覧いただいている皆さん、みんなで楽しい番組にしてまいりたいと思います。
明日19時からの生放送をお楽しみにっ!!
(なんで、今年も司会がシゲと榎本なんだろう……こえええよおー、、)


シアターキューブリック16周年記念Ustream
『帰ってきた二つ名命名プロジェクト』

Ustream配信◆2016年2月28日(日) 19:00~20:30
パーソナリティー 伊藤十楽成・榎本悟
出演 シアターキューブリック劇団員
ご覧いただくチャンネルはこちら→下町ストリーム

nice!(5) 
共通テーマ:演劇

劇団について [劇団のこと]

『ひたちなか海浜鉄道スリーナイン-spring version-』のチケット発売がスタートした本日、
シアターキューブリックのメンバーのみが集まった久々の飲み会がありました。
さすがに人数が多いので、全員が勢揃いという訳にはいきませんでしたが、
育休から徐々に復帰しつつある市場法子も含めた大勢のメンバーが集まりました。
シアターキューブリックのメンバーのみの集まりというのは、緩いです。
演劇人の飲み会は、やたら賑やかで大声の会話が縦横に飛び交う現場が多いのですが、
シアターキューブリックの飲み会は時間が深くなってきてもなお、ふんわりと飲んでいます。
先輩・後輩の上下関係もそんなにないので、よそから見ると僕らが家族に見えるのだそうです。
僕はあまり会話に交じりたくないので、いつもそういう面々を見ながら楽しんでいます。
2016-01-16 14.19.16.jpg
飲み会で楽しそうな彼らを見ていると、いろんなことが思いつきます。
おもに、今後のシアターキューブリックのかたちと理念です。
昨今、演劇のお客さんは顕著に減っているように感じられます。
東京周辺での演劇公演は盛んですが、その公演のスタイルを見ると、
僕らが劇団を始めた頃のそれとは相当趣きの異なる公演が多いです。
そして、確実に「劇団」というスタイルは現在の演劇公演の主流ではありません。
さらに、劇団が劇団メンバーのみを主体に活動している集団はほぼ皆無です。
そんな時流のなかで僕らは劇団というスタイルを選択しているのです。
自ずと「劇団である意味」「シアターキューブリックであるオリジナリティ」を考えざるを得ません。

メンバーについて考えても同じです。
シアターキューブリックは俳優・制作・脚本・演出メンバーそれぞれの自己実現の場です。
誰かの指示に、誰かが追従する集団ではないんです。
誰一人として、シアターキューブリックの付録であってはいけなくて、
ベテランも新人も全員が、シアターキューブリックのメンバーである意味を持つべきで、
仮に誰かが自己犠牲的な時間を過ごしていては、劇団そのものの意味が揺らぐ事に繋がります。
このポリシーだけは旗揚げから16年まったくブレることなく今日まで来ていて、
今、もう一度このポリシーとガッツリ向き合ったうえで、
時代の変化にフィットしたアピールの仕方を考えながら、
劇団の舵取りをしたいという思いが強くなっています。


考えるほどに、僕らが歩んでいる道は、
多くの力を結集しなければ切り拓くことのできない道であることに気付かされます。
そして同時に多くの人に支えられ、励まされていることの貴重さを思い知ります。
シアターキューブリックの道は不安ですが、とてもとても楽しいです。
スピード感を持って、けれども亀のように地道に進んでいきます。
2015-03-26 10.14.52.jpg
『ひたちなか海浜鉄道スリーナイン-spring version-』のチケット発売開始しました!
シアターキューブリックの挑戦と茨城の素敵な旅をぜひ体験しに来てください!
公演ページはこちら!→http://qublic.net/hitachinaka999sv/
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

劇団結成16周年企画が今年も! [劇団のこと]

シアターキューブリックは2000年の2月27日に結成しました。
いろいろといい加減な劇団なんですが(←ダメなんですけど!)、
なぜか劇団が結成された日だけはその後入団したメンバーにも浸透してて、
結成から16年経つ今年も、下町ストリームさんのご協力をいただいて、
何やらまたまた生放送をすることになりました。
そして企画が去年と同じっていうのが、やっぱりいい加減!
二つ名って、通り名みたいなヤツですよねえ、
これって、そんなにいくつも出てくるもんなのでしょうか。
どれくらい応募があるのか、ものすごく不安!(笑)
みなさん、あと3週間くらい時間がありますので、
ぜひおもしろい名前を付けてみてください!!
そして、2/27の夜はぜひ画面を通じてみなさんと楽しい時間を過ごしたいと思いますっ!
とうふのかど
▲高知ひろめ市場の写真。なんだかキューブリックの空気がまんま出てる。

シアターキューブリック結成16周年記念Ustream
『帰ってきた二つ名命名プロジェクト』

Ustream配信◆2月28日(日) 19:00~20:30
パーソナリティー 伊藤十楽成・榎本悟
出演 シアターキューブリック劇団員
URL→ 下町ストリーム
http://ur0.link/rXjh

二つ名命名プロジェクト アンケートページはこちら☆
http://enq-maker.com/2RWlfXj

募集期間◆2月9日(火)18:00~2月27日(土)18:00

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

おめでとう、河野結! [劇団のこと]

2016-01-30 17.01.49.jpg
もう4日前のことですが、1月30日はシアターキューブリックの河野結の誕生日でした!
彼女とはたった2年ちょっとの付き合いだけど、妹みたいにいろいろ心配(笑)。
実年齢を思うと、あまりの幼さに「おめえ、いくつだよっ!」ってなりますが、
それさえ考えなければ、かわいいメンバーです(>_<)

だいたい目がなくなっちゃう写真が多いんだけど、この日はちゃんと目がありました!
河野結、おめでとう~!!

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

明日は月イチのメルマガの日なんですよ。 [劇団のこと]

実はあまり知られていないのかも、と思いまして、あらためてお知らせ。
シアターキューブリックの劇団名「キュー」の音にちなんで、
毎月9日は、劇団の無料メールマガジン「きゅ~め~る」を定期配信しています。
無料なんですけど、なかなか侮りがたい情報量を誇っていまして、
メルマガ読者でしか見られないコーナーもあります。
そのなかのひとつ、「すみだ、ちょいとごめんよ」というコーナーでは、
「いろはにほへと…」の順番で、頭文字から連想するワードやスポットをピックアップ、
劇団メンバーがホームグラウンド墨田区を紹介していきます。
明日のメルマガでは、僕・緑川と俳優の大沼優記が担当しますよ。

帰ってきたキューピッドガールズのステージやイベントなどへお越しの際は、
その前後で墨田区のまちあるきもぜひお楽しみください。
きっと墨田区の奥深さを気に入ってもらえると思います!
シアターキューブリックも、この墨田区の魅力によって育てられている実感があります。
このまちを盛り上げながら、シアターキューブリックもすくすく育っていきたいと思います。
ぜひ、無料メールマガジン「きゅ~め~る」、ご覧ください!
登録はとっても簡単です。劇団のホームページトップ画面からどうぞ!!
2016-01-04 18.10.03.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:演劇