So-net無料ブログ作成
検索選択
日々雑録 ブログトップ
前の10件 | -

NO RAIN, NO RAINBOW [日々雑録]

「NO RAIN, NO RAINBOW」
ハワイの諺だそうです。
「雨が降らなければ、虹が出ることもない」。

40歳を過ぎた自分は、この先生きる可能性がある時間よりも、
後ろを振り返った時にペタペタと残る迷いの跡のほうが多くなってきました。
健康な体に生んでもらって、大事に育ててもらって、
自分が選んだ仕事をここまで続けてこられて、
やりがいも楽しいこともいっぱいあったけれど、
けっして平坦なだけではなかったこれまでの毎日でした。


劇作家を志し、劇団を立てたのはもう17年も昔のことで、
以降、紆余曲折はいっぱいありながらも、
自分の気持ちとしてはまっすぐにここまで歩いてきました。
ですが、昨年、思いがけず、劇団とは別でもうひとつ
長年関わってきた舞台業界の会社の経営を預かることになり、
きのう7月1日をもって代表取締役社長に就任しました。

「社長になる」ということは、
世間一般では栄転だったり、出世だったりする出来事なのだと思いますが、
個人の気持ちとしてはそうした晴れやかなものは一切なく、
ぬかるんだ足元が、さらにぐいぐいと深く潜ってゆく、そんな重たい感覚です。
ですが、未来なんて誰にとってもはっきりとは見えないもので、
だからこそ楽しく、だからこそ不安なものなわけで、
「置かれた場所で咲きなさい」という気持ちで、やれることをやるだけ、
というシンプルな発想に今は帰結しているところです。


そんな折、昨日は岡村孝子さんのコンサートに久々に行ってきました。

このブログでも何度も触れていますが、岡村孝子さんの音楽は、
10代前半から常に僕の座右にあった音楽です。
10代前半と言えば、僕が作品づくりを始めるずっと前ですから、
僕の物書きとしての細胞は、この人の音楽と言葉でできていると言っても
まったく過剰な表現ではありません。
2002年発表の『葡萄酒いろのミストラル』の2012年再演の際には、
公式テーマ曲として「ミストラル」という楽曲をお借りしました。

悲しさ、切なさ、いとおしさ、優しさ……、

僕が日々感じるたくさんの感情には、
岡村孝子さんの音楽や言葉が常に「伴奏」しているのだと思います。
そして、そうした日々のなかから、
シアターキューブリックで発表してきた多くの作品が生まれました。
ファンタジー作品も、時代劇も、ローカル鉄道を舞台にした演劇も。


「だいすきな音楽」というよりも、あまりにも自分自身と同化しているため、
それに触れる機会の多さ、少なさにはとても鈍感になってしまい、
忙しい毎日のなかで、知らず知らずのうちに
自分のルーツとも言える「栄養」が欠乏していたのかも知れません。



それにしてもすごい時間でした。
(気の利いた表現がまったく思いつきません)


自分の「魂」をここまで自覚できる機会は、そう滅多にありません。
自分は肉体だけじゃなく、頭だけじゃなく、魂があったんだ!という感覚。
この先、自分が生きていきたい方向をはっきりと感じられた時、
自分の後ろに転がっている累々たる迷いの跡は、
まったく無駄なものではなくて、
きっと虹が出る前に必ず降る雨のようなものであったんだ、と。


2時間40分の上演時間のあいだで、
僕は今見せられているものと、
自分のこれまでと、
生きていきたいこれからが、
混ざりに混ざって、見事なごった煮になりました。

肉体と頭は、年齢とともに変わっていきます。
けれども魂だけは、年齢とは一切関係のない、
永久に光が注ぐ広大な草原なんだと思います。
新しいスタートとなった日に、こんな経験ができたこと、
僕はとても偶然とは思えません。


頂いたからには、今度は周りに返していく番です。


劇団では代表理事で、会社では代表取締役社長で、
そんなたいそうな立場を預かったからといって、
自分に何ができるとは元々思っていませんが、
こういう思想、こういう生き方をさせてもらってきた一人の人間として、
はつらつと前に進んでいきたいと思います。


組織の要職に就く際の文章としては、
なんとも個人の精神に偏りすぎな内容ですが何卒ご容赦ください。

あらためて、よろしくお願いいたします。

IMG_6806.jpg

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

お世話になっている皆様にお知らせです [日々雑録]

突然のお知らせになりますが、来月7月1日、
有限会社ネビュラエクストラサポート(Next)の代表取締役社長に就任することになりました。

演劇業界に身を置き始めてからもうすぐ20年、劇団を結成してから17年、
まさか業界全体をサポートする役目を担うこの会社の代表になるとは、
1年ちょっと前の自分は、これっぽっちも思っていませんでした。

そもそも、演劇を生業にしたいと思った動機は、
自分も周囲のみんなも、お互い心を通わせ、のんびり生きられる社会になればいいのに……、
演劇ってなんだか、それに近づける方法なんじゃないかなあ……、
そんな確信とは程遠い漠然とした直感だけだったと言ってもいいくらいで、
そんな直感から始まった演劇人生が、20年も続くとは自分でも若干驚いています。

その漠然としたものは、相変わらず漠然とした状態が続いていて、
「これをすれば、必ずこうなる!」といった自信めいた要素は正直ありません。
だからこそ仲間と肩を寄せ合い、人間のさまざまな魅力を実感しながら、
自分の夢を追いつづけることができるのかも知れません。
皆様、何卒これからもよろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

以下、社長就任にあたってのご挨拶です。


「不器用を究めます」

前身の会社ネビュラプロジェクトが始めたチラシ折込代行サービス。
今でも当社の主幹事業であるこの仕事は、
公演制作業務の合理化を推進する事業としてこれまで歩んでまいりました。
舞台業界の多くの表現活動をサポートする経済活動を行う以上、
合理化や利益追求といった要素をないがしろにすることはできません。
しかしながら、そういった器用な立ち居振る舞いを行おうと思っても、
表現活動そのもの、そこに惹かれた人々の思考方法、
そもそも人間という生きものの非合理性までを捨て去ることはできません。
経済成長期の競争原理で合理化を追求すること自体、
人間にとってはナンセンスなのかも知れません。

私たちが生まれた日本には美しい四季があり、
その移ろいの中で私たちは育ち、老いていきます。
人に喜んでもらい、その人から喜びをいただく、
という「人が集う幸せ」に溢れた舞台芸術の世界は、
そうした豊かな自然や独自の文化によって育まれてきました。
そこに携わる一員として、
舞台芸術の魅力を一人でも多くの方にお届けできる会社になれるよう、
私たちは社員自ら自然や文化から多くを学び、
社員どうし、そしてお客様お一人おひとりと向き合い、
人間が持ち続ける不器用を究めてまいりたいと思います。

緑川憲仁

nice!(4) 
共通テーマ:演劇

へんか、とか、へんげ、とか。 [日々雑録]

2017-05-31 20.35.09.jpg
今朝、出かけるときには緑の豆粒だった玄関先の名前の分からないお花が、
夜、帰ってきたときには白いつぼみになっていた。

いつも、いつかどこかで花開くときが来るように、みんな頑張ってる。
そして、そういう人を、まわりの人たちが見てる。
僕のまわりにもがんばっている人がいっぱいいる。

僕はその人たちの花が開くこと、自分の喜びに出来ているかなー。

そして、変わっていくみんなと一緒に
僕も「へんか」とか「へんげ」をしていけるかな。


nice!(5) 
共通テーマ:演劇

他人の人生は重い [日々雑録]

2017-04-14 17.37.31.jpg
他人の人生を左右する決断が多すぎて、日々、肩がずーんと重い。
他人の人生を左右する決断をすることとは、他人の幸せを考えるということで、
そういうお仕事を預からせてもらっているのは、とても幸せなことなのかも知れない。
だって自分自身が人として成長していくしかないからね。
とても幸せなことかも知れないけど、とてもとても肩が重い。
あるいは、ただの運動不足だろうか。


nice!(4) 
共通テーマ:演劇

新しい日々 [日々雑録]

2017-04-03 12.35.39-1.jpg
演劇業界振興カンパニーのNextも今日が新年度初日、
今年の春はフレッシュな女子社員2名が入社、
会社全体に爽やかな風が舞い込んできました!
先輩スタッフの顔もいつもとは全然違っていて、
やはり人は人と影響し合って、生き生きするんだなあと。

Nextは年末から12名の新しいメンバーが加わって、
社内の至るところで活発なコミュニケーションが飛び交っています。
有志の部活「俳優部」が発足、俳優部の提案で朝はラジオ体操から始まり、
アルバイトスタッフが中心で運営される「そうじ部」が出来て、
社員やアルバイトの立場関係なく、会社のビルをきれいに磨いて、
それから、オフィス内は緑化が進み、潤いある職場に変わってきています。
みんなの想いが行き交うと、俄然とても愛おしい会社になりますね。
誰か一人が頑張るんではなくて、みんなで支え合い助け合う、
劇団もそうですが、これこそ「チーム」の醍醐味の根本だと思います。
2017-04-02 13.15.58.jpg
業務に目を向ければ、3月30日から豊洲の新劇場「IHIステージアラウンド東京」の
劇団☆新感線『髑髏城の七人~Season花~』にて、
Next史上初となるチラシ束配布業務がスタートしました。
これまでは舞台制作者のサポート、というスタンスに徹し、
劇場などで観客の皆さんに対して直接行なうサービスはありませんでした。
つまり、業務上Nextのスタッフが観客の皆さんの表情を見られる機会もなかったわけで、
あらためて演劇の魅力、人が集う場所の魅力を体験できる機会を頂くことができて、
主催のTBSさん、劇団☆新感線さんに心から感謝です!

2017-03-30 16.09.59.jpg
Nextのスタッフがチラシ束をお配りするのですから、ただ紙の束を配るのではなく、
プラスαのメッセージを心を込めてお届けしてまいりたいと思います。
あ、この劇場の客席は、360度回転する日本初のとんでもない劇場でございます。


これからもNextは、企業理念と同じく「どこまでも、人が集う幸せを求めて」、
メンバー自ら人が集う幸せを体現しながら、演劇の魅力を広く発信してまいります!
2017-04-03 10.59.30.jpg

nice!(6) 
共通テーマ:演劇

3月が終わろうとしている [日々雑録]

テレビでは3月が近づくと6年前の震災の報道が多くなる。
来月になれば今度は熊本の、お正月が終われば阪神の、といった感じで、
日本人みんなが共有するルーティンがある。
32年前の日航機墜落事故はどんどん報道が小さくなっているし、
中越地震は東京ではほぼ取り上げられなくなった。
僕が覚えていない災害や事故なんて無数にある。

「何年目」という節目だけでも日本人として共有できるのはありがたいけれど、
節目なんて関係ないくらい現在進行形の人もいっぱいいて。
僕も自分のことで忙しくなれば、調子よく忘れてしまうんだけど、
そういう自分になりたくなくて、3月が終わろうとしているこのごろは
東北の人たちが残した津波の映像ばかりを見てる。
何を目的に、何をしようとして、とか特にない。
僕自身の本能が求めてる。二度と見たくもない真っ黒な波。
2016-05-31 10.19.42.jpg


nice!(6) 
共通テーマ:演劇

城下町・棚倉を訪ねる(スイーツ編) [日々雑録]

2017-03-10 16.04.49.jpg
僕にとっては、福島の棚倉と聞いて真っ先に思いつくのは「いちご大福」。
おみやげは最初からこれと決めていました。
駅前の通りを歩いていくと、すぐに水戸街道にぶつかります。
その交差点そばに建つ老舗和洋菓子店「甘盛堂」さん。
ケースには何十種類ものスイーツが並んでいるのですが、
迷うことなく、いちご大福。

まあ、そのスケールのでかいこと!
中に入っている苺そのものが、でかいのです。
お上品にいただくのがとても難しいスイーツですので、
獣のように噛み切って、二口くらいでいただきましょう。
ほっぺたが落ちそうなおいしさです。
これはもう食べた人しか分かりませんので、ぜひ水郡線で棚倉へお出かけください!
2017-03-10 12.44.58.jpg

2017-03-10 13.31.54.jpg
駅前の通りには犬がいました。

nice!(5) 
共通テーマ:演劇

城下町・棚倉を訪ねる(3) [日々雑録]

2017-03-10 12.38.05.jpg
城跡探訪の後は、城下町の裏路地へ。
道の延びかたや区画に規則性が無く、城下町らしさが漂う。
規則性が無いように見える、城下町ならではの規則性と言ったほうがいいのだろう。
静かな道に突如現れる蓮家寺(れんげじ)山門の威容が印象的。
古いものは、ただ古いから存在感があるのではなくて、
それを畏敬する人々の気持ちが集まっているから存在感があるに違いない。


お城から離れたところには何があるのだろうと思い、城下はずれの山際まで歩いてみた。
すると、なにやら神社が。
2017-03-10 13.15.24.jpg
宇迦(うが)神社というらしい。


せっかくなのでお参りを思ったところ……。


2017-03-10 13.12.09.jpg
2017-03-10 12.53.15.jpg
山門の先は急な石段!!!しかも枯葉多し!!!
ちょっと不安になりながらも、ここで引き返しては失礼と思い。

2017-03-10 13.07.36.jpg
▲振り返ると、こんな眺め。

2017-03-10 13.06.58.jpg
石段を登り詰めたと思ったら、まだ続きが……。
いいお天気のはずなのに、この森だけやたら薄暗くて、、、不安。
何しろ人気はゼロです。


さらに現れた石段を上がると、そこは明るく開けた境内。
ようやく光のあるところに出て、ひと安心。
2017-03-10 13.00.03.jpg
2017-03-10 13.02.21.jpg
現在の社殿は1701年、当時の藩主・内藤弌信(かずのぶ)によって建てられたもの。
社殿の横には棚倉藩の歴代藩主が寄進した灯籠が並ぶ。
幕府の命でお城の主がコロコロ変わることになってもなお、
変わらずお城の鎮守であり続けた歴史に心があたたまる。
今も秋のお祭りにはお神輿が出て、大変盛り上がるのだそう。

帰りも例の鬱蒼とした杉木立の下を歩いたのだけれど、
さっきの不安感とは違う満たされた気持ちで、
一歩一歩石畳を踏みしめながら棚倉の町へ。
2017-03-10 12.59.51.jpg

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

城下町・棚倉を訪ねる(2) [日々雑録]

2017-03-10 12.20.25-1.jpg
棚倉城は、城造りの名手と言われた丹羽長重の普請によって、
江戸時代初期に造られた典型的な平城。
小ぶりな平城の割には濠の幅が広く、アンバランスな様子が面白い。

追手門跡を過ぎると、大きな欅が鎮座して出迎えてくれた。
この木は棚倉城が造られる前からここにいたわけで、
この城、そしてこの町の、栄枯を見守ってきたのだろう。
この大ケヤキは今も棚倉の町のシンボルであるらしい。
町のシンボルが古くからある何かであるのは、とてもいい。
僕も人生の大先輩にお会いするような気持ちで、木を見上げた。
2017-03-10 11.53.43.jpg


濠の内側には当時の土塁が回廊状にしっかりと残っていて、
土塁の上を歩きながら、現在の棚倉の街を望むことができる。
本丸跡はだだっ広い広場と駐車場になっていて、
土塁から見下ろすと棚倉城の規模がよく分かる。
かつてはここに御殿があって、それを長屋状の多聞がぐるりと囲んでいたわけだ。
2017-03-10 11.35.34.jpg
▲在りし日の棚倉城はこんな感じだったらしい。

丹羽長重の高い技術で築かれた棚倉城は、小ぶりながらも守りに適し、
かといって藩の権威を誇示するわけでもなく、
「政庁」としての役割を堅実に果たすために過不足のない城、という印象。
ちなみに築城した丹羽長重は城の完成を待たずに白河への転封を命じられた。
この切ないエピソードも、なんだか、すき。栄転だったのがせめてもの救い。

誰もいない城跡を歩いていると、近くの学校から音楽の授業の歌声が聞こえてきた。
自分は素敵な国に生まれたんだなあ、と、なぜか少し胸が苦しくなった。

2017-03-10 12.01.53.jpg
2017-03-10 11.58.22-2.jpg
2017-03-10 12.22.26-1.jpg


nice!(5) 
共通テーマ:演劇

城下町・棚倉を訪ねる(1) [日々雑録]

水戸と郡山を結ぶローカル線・水郡線に「磐城棚倉」という駅がある。
今回の目的地はこの駅周辺に広がる棚倉藩の城下町。
世間的にはあまり知られていない福島県下の小さな町であろうし、
ましてやここが江戸時代の城下町であったことを知る人は、さらに少ないだろう。
戦国時代末期は伊達政宗の支配下にあり、伊達氏の転封後は常陸の佐竹氏の領地に。
関ケ原の戦いの後、佐竹氏が秋田に移封された後は、
立花氏、丹羽氏を経て、徳川譜代や親藩が目まぐるしく藩主となった。
その定着しない支配体制が、この町の風土にも少なからず影響しているはずで、
仙台や鹿児島といった雄藩の城下町の街歩きとはひと味違う、
なんというか、「無個性という個性」といった面白さを感じる。
2017-03-10 14.01.23.jpg
降り立った磐城棚倉駅は、都会の人間にしてみれば、変哲のないとても小さな田舎の駅。
けれども、前後にあるさらに小さな駅と比べると、「町の駅」という威風をかすかに湛えていて、
その風化しつつある威厳に、なんとなく安心感さえ覚える。
駅の待合室に置かれていた街のパンフレットを手に、見知らぬ街へ歩を進めた。

築50年前後は経っているであろう古いデザインの建物が目立つ街いちばんの大通り、
旧水戸街道を歩いて、街中心部南寄りにある棚倉城跡を目指す。
2017-03-10 11.44.59.jpg
時々、年季の入った蔵を活用したお店や、城下町独特の道路のカーブがあったりして、
この町の歴史の匂いをほのかに感じられる瞬間が心地よい。
そうして歩いていると、郵便局付近に城下の「一丁目一番地」的な空気が……。

見ると郵便局の向かいに、棚倉城跡へと続く道が現れた。
間違いなく、この町は150年前までは地域の中心地だったんだなあ。
2017-03-10 11.48.21.jpg

nice!(5) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 日々雑録 ブログトップ