So-net無料ブログ作成
2018年04月| 2018年05月 |- ブログトップ

今月のお題「わたしはすごろく師匠〇〇であるぞ!」 [きゅ~め~る今月のお題]

なんのこっちゃですね。
毎月9日は「キューブリック」の日ということで、
劇団メルマガきゅ~め~るの配信日であり、
この日はメンバーが決められたお題について、それぞれのブログで語ろう!
という日になっています。

2016年以降、シアターキューブリックは毎年一回、
日頃ホームグラウンドとして活動しているキラキラ橘商店街と連携し、
すみだの街劇場化プロジェクトというイベントを行なっていて、
今年は6/2~3の2日間のイベントをプロデュースします。
題して「キラキラ橘笑店街でござる!」!!

商店街全体をすごろくに、そして皆さんがすごろくの駒そのものになって、
お店の人からヒントをもらったりしながらゴールを目指す、
大変演劇的なすごろくです。
そして、商店街に「すごろくマスター」なるキャラクターたちがいるので、
みなさんはまず彼らを見つけて、指南を受けるところからスタートしてもらいます。
そのキャラクターは、もちろんシアターキューブリックの俳優陣!
墨田区ゆかりのさまざまなキャラクターに扮しています。
そして、頭には目印の大きなサイコロを冠しています!
緑川は残念ながらすごろく師匠ではありませんが、
劇団ショップのすみだサテライトたちばな館にて「業務」をしております。

街は大きな遊園地。
いつもと少しだけ視点を変えてみれば、
見慣れた風景も、楽しい遊園地になるかも知れません。
この2日間だけは演劇の魔法にかかって、子供みたいに遊んでみませんか!?



《「キラキラ橘笑店街でござる!」イベント情報》

キラキラ橘商店街がお江戸にタイムスリップ!舞えや歌えや、笑えや遊べの2日間!
シアターキューブリックpresents
『キラキラ橘 笑店街でござる!』

【日程】2018年6月2日(土)・3日(日)
【会場】キラキラ橘商店街

6/2(土) 1日目
・出演者・ (敬称略)
[演劇] 吾嬬第二中学校演劇部
[音楽演奏]
ヤング☆コーン(バンド)/モテりょう(ソロシンガー)/
レオナ with 田ノ岡三郎(タップ&アコーディオン)/
すみだサンビスタ有志(サンバ)

6/3(日) 2日目
同時開催:つまみぐいウォーク
・出演者・
[パレード&ステージ]
帰ってきたキューピッドガールズ/川満恵一郎グループ/
おしなりくん/ジロキッズ/きんぼり〜/獣兵衛/コバトン

[お笑いライブ]
かぎしっぽ/ジャガモンド/オシエルズ/
あいあいパーティー/おせつときょうた/綾瀬マルタ

[ダンスステージ]
SUMI-/UNO/スペシャルズ

イベント情報は随時お知らせしてまいります!

23574259_1526994917389040_355708099_n.jpg

nice!(3) 

オオゼキタクさんのレコ発ライブでした! [劇団のこと]

5/3(金)はローカル鉄道演劇で欠かすことのできないミュージシャン、
オオゼキタクさんのニューアルバム『いろんな風 –ローカル鉄道演劇のうた- 』
レコ発ライブイベントに駆けつけてまいりました!!

緑川は合い間のトークコーナーでのゲストとして呼んでいただきました。
僕は、物語で伝えられる分量が100だとしたら、
文章で伝えられる分量が30くらいで、
おしゃべりで伝えられる分量は3か5くらいの人間。
例に洩れず、今回も恥ずかしい限りの内容でしたが、
みなさんと過ごす時間を、僕なりに楽しませていただきました。
呼んでいただいて、そして拙いお話を聞いていただいて、
本当にありがとうございました。
シアターキューブリックの俳優陣も、タクさんと数曲一緒に歌わせてもらって、
数年前の公演の場面場面が鮮明に蘇ってきました。
音楽のチカラって本当にすごいですね~。
IMG_0049.jpg
そうそう、ライブハウスでの演奏は公演時のアコギ一本とは違い、
ギター、ベース、ドラム、キーボードの音が、タクさんの世界をさらに分厚く彩って、
ひと味違うローカル鉄道演劇の音楽を堪能することができました。
人が衣裳やメイクで雰囲気ががらっと変わるみたいで、アレンジって奥深いですね。


さらに、今回のアルバムを彩ったのはブックレットのイラスト!!
なんと砂絵なんですよっ!!
IMG_0040.jpg
「新・鉄子の旅」の漫画家ほあしかのこさんによる、
旅情のぬくもりが優しく繊細に表現された世界。
ライブ会場では、砂絵の原画も展示されていました。
お芝居でも音楽でも絵でも、やっぱり作品で一番感じたいことは、
「ぬくもり」なんだろうなあ。いつまーでも見ていたい、やさしい絵です。
その砂絵から始まるアルバムのブックレットは、
ローカル鉄道演劇の歴史とその世界を、分かりやすく紹介する
まるでガイドブックのようなゴージャスな構成でびっくり!
ブックレットでは緑川も冒頭の文章を書かせていただきましたよ。
2018-05-03 21.41.55-4.jpg
アルバム製作をプロデュースした栗原千温さんと、オオゼキタクさんと。


アルバムタイトルの通り、今回のアルバムは、
シアターキューブリックのローカル鉄道演劇のために書き下ろしてくださった
オオゼキタクさんの曲を集めたもので、僕にとっては、まるで自分の作品!
僕が「自分の作品だ」と思えてしまえるくらいに、
タクさんが創った音楽たちは、作品の本質部分や人物の心情に迫っていて、
物語とも車窓の風景とも切っても切り離せない旋律ばかり。
だから、音楽を聴くだけで、各シーンの俳優の表情や言葉、
その時の風景や風までもが思い起こされます。
IMG_0029.jpg
もしかすると、お芝居をご覧になっていない方がこれらの音楽を聴いたら、
物語のシーンの代わりに、みなさんの人生の断片が蘇ってくるのかも知れません。
それくらいに、タクさんが紡ぎ出す音楽たちは、
誰かの人生に優しく寄り添うメロディなんだろうなあと、あらためて感じました。
ぜひとも多くの方に聴いていただきたい切なさ全開のポップミュージックです!
全国のCDショップ、Amazonなどでお買い求めいただけます。


そんなオオゼキタクさんと、今年の7月にまたまた作品を創ります!
“ローカル鉄道演劇発祥の地”千葉県の銚子電鉄さんにて
『銚電スリーナイン~Return to the Roots~』を運行上演します!
「そこへ足を運ばないと観られない」演劇の特性と、
旅の魅力を掛け合わせたローカル鉄道演劇!

ぜひ、みなさん体験しに来てくださいねーー!!

『銚電スリーナイン』公演サイトはこちら→ http://qublic.net/choden999R2/ 2018-05-03 22.48.38.jpg
▲とーってもお気に入りの一枚(*^_^*)

nice!(3) 

明日はレコ発イベント!! [劇団のこと]

ミュージシャンでも何でもない緑川にとっては、遠い世界の言葉「レコ発イベント」。
いわゆる楽曲お披露目のイベントですね。
明日、このレコ発ライブイベントにトークゲストとして出演いたします!

お披露目の楽曲は、先日からお知らせしていますオオゼキタクさんのアルバム。
2014年以降、シアターキューブリックのローカル鉄道演劇に書き下ろしてくださった
オオゼキタクさんの楽曲が集められたアルバムです!
2014年の『樽見鉄道スリーナイン』、
2015年の『ことでんスリーナイン』、『ひたちなか海浜鉄道スリーナイン』、
それぞれの旅情に合わせてストーリーの異なる作品に、
完全密着でタクさんが書き下ろした渾身の曲たちです。
曲には、その場所その場所の風景が沁み込んでいて、
すぐには足を伸ばしづらいところではありますが、
ぜひこの曲たち一緒に(できれば上演台本も一緒に(笑))、
それぞれの街を旅してほしいなあと思っています。

明日のレコ発イベントにはシアターキューブリックのメンバーも参加します。
一緒に歌ったりするのかな~?
どの公演のどの曲が飛び出すのでしょう??
僕も全然知らないので、とっても楽しみ!!
それから、明日の会場では、漫画家ほあしかのこさん作の
砂絵で描かれたブックレットのイラスト原画が展示されるとのこと!
これまたとっても楽しみです!!


青山の素敵なライブハウス「月見ル君想フ」にて、
明日の13:30と18:00、2ステージ行ないます。
ぜひぜひ、僕たちと一緒にローカル鉄道演劇を音楽の視線で楽しみましょう!
そして7月上演の『銚電スリーナイン~Return to the Roots~』にも
ぜひぜひお出かけください!
明日はこの公演のリーフレットも初お披露目ですよ~!!

ライブイベントの詳細はこちら。お待ちしております!!
http://www.oozekitaku.com/info/live/7193.html

nice!(3) 

2018年04月|2018年05月 |- ブログトップ