So-net無料ブログ作成

シアターキューブリックのワークショップオーディションを開催します! [劇団のこと]

2017-11-24 15.50.17.jpg
今年の11月21日~25日、浅草の新劇場「浅草九劇」にて上演する
シアターキューブリックの新作公演『十二階のカムパネルラ』の
出演者ワークショップオーディションを開催します。
近年では、列車内でお芝居をするローカル鉄道演劇をはじめ、
劇場を飛び出して、本来演劇を行なう場所ではないところでの
演劇作品を創ることも増えてきたシアターキューブリックですが、
もともとはエンターテインメント要素満載の劇場芝居が
シアターキューブリックの演劇の本流です。


11月公演は『十二階のカムパネルラ』という新作を上演します。
僕が敬愛してやまない童話作家・宮沢賢治さんをモチーフに、
なおかつ、浅草が舞台の物語です。
「浅草」と「宮沢賢治」はなかなかリンクしない二つですが、
創作要素を織り交ぜながら、賢治さんの作品世界の魅力に迫りたいと思います。
とうふのかど
IMG_8532.1.jpg
とうふのかど
今月17・18日の両日に開催する出演者ワークショップオーディションでは、
シアターキューブリックが18年間の活動で培ってきた劇団メソッドを体験してもらいます。
シアターキューブリックの演劇はダンスシーンもあったり、
音楽をふんだんに使う作品が多いのですが、
音楽と演技をリンクさせるには、リズム感のある演技が重要です。
音楽と演技双方のリズムが絶妙に合わさることで、
観客は初めて、その作品の脈動を楽しむことができます。
シアターキューブリック以外の演劇公演においても、
音楽との「共演」の技術は重要になるはずですので、
きっと何かヒントになる体験ができると思います!

結成18周年を迎えようとしているシアターキューブリックは、
これまでの作品を通して、たくさんの人たちとめぐりあってきました。
多くのお客さんは勿論、各地で作品づくりに協力してくださった関係者の方々、
そして個性的な共演者たち。
劇団活動の最も大きな醍醐味は、この出会いです。
演劇という仕事に人生を捧げたいと思えるのは、この出会いです。
多くの方々と一緒にこの幸せを感じたくて、
きっと僕たちはこれからも前に進み続けるのだと思います。
お客さんに喜んでもらえる作品づくりを究めることは無論、
出会いの幸せに溢れた創作の現場でありたいシアターキューブリックです。

今週14日がお申込みの締切です。
少しでも興味を持ってくださったら、ぜひワークショップにご参加してみてください。
メンバー一同、ご応募お待ちしております!

ワークショップオーディション詳細ページはこちら。

nice!(2) 

今月のお題「シアターキューブリックは18歳!」 [きゅ~め~る今月のお題]

毎月9日は「キューブリック」の日ということで、劇団メルマガきゅ~め~るの配信日であり、
この日はメンバーが決められたお題について、それぞれのブログで語ろう!
という日になっています。

今月のお題は「シアターキューブリックは18歳!」。
今年2月27日で、シアターキューブリックは結成18周年を迎えます。
劇団や会社は仲間との血の繋がりのないチームですから、
長く続けば続くほどに、「続けている」感覚とは別に、
「続けさせてもらっている」という思いが大きくなってきます。

「続けさせてもらっている」のは、
言わずもがな、劇団を愛してくれている多くの仲間、
応援し続けてくださっている多くのお客さんの存在があればこそ。
僕らはその存在に、何度となく勇気をもらい、
何度ももう枯れてしまったと諦めかけた知恵を絞り出し、
茨の道を切り拓き、いま、この幸せな風景のなかにいます。
それでもまだ知らない世界をどうしても見たくて、
日々不安と戦いながら、歩を進めています。


かたや「続けている」感覚というのは、年々適当になってきます。

これまでも劇団の今後の話を議論するなかで、
幾度となく「やめちゃえ やめちゃえ!」と激しい言葉を浴び、
口論になったりしたこともありました。
その度に、「分かったよ!やめだ!やめだ!」とけっして言わずに、
心を静かに、反省、そして感謝の心を取り戻したおかげだと思います(笑)

僕は脚本家で演出家ですが、かといって、死ぬまでそうなのかと考えれば、
必ずしも、ずっとそうであるとは言い切れません。
もちろん、脚本・演出の仕事は誇りを持ってやっています。
でも、「イコール自分」にしてしまったら、逆に苦しいかなと思います。
今は、たまたま脚本・演出という方法で自分の夢やメッセージを表現していますが、
その方法は、年を重ねて変わっていくこともあるかと思います。
それが人生の歩みそのものだと思うからです。
たった一度しかない人生ですから、
それくらい、しなやかな姿勢で取り組みたいと思います。
楽しむのも、苦しむのも自分。
すべては自分が選択したことですからね。

劇団を創った18年前は、もっと多くのことに縛られていた気がします。
自分はこうあるべき、劇団はこうあるべき、と。
だんだん、そういう気負いもなくなってきました。
年を重ねるというのは、楽しいものです。
あんまり書くと、本当の結成記念日2月27日に書くことがなくなってしまうので(笑)、
今日はこのへんで。

しかし、毎年2月は決まってこのお題。
入団して日の浅い榎本悟にはハードル高いだろうなあと思いつつ(>_<)、
応援してくださっている皆さんに、あらためて感謝を申し上げます。
これからも、一緒にいろんな冒険をしてまいりたいと思います。
よろしくお願いいたします!

IMG_3413.jpg

nice!(2)