So-net無料ブログ作成
検索選択

緑川戯曲工房ふたたび!!! [劇団のこと]

イベントの開催が決まってから、いろいろと考えましたが……。
やっぱりやることにしました、緑川戯曲工房。ふたたび!!!

3月4日(土)開催のシアターキューブリック結成17周年を記念しての感謝イベント
「キラキラ橘番外地2」では、劇団員がそれぞれ持ち味を生かしたブースを企画します。
2年前のキラキラ橘番外地で初めて開いた「緑川戯曲工房」。
お客さんのリクエストをいくつか伺いながら、
その場で緑川がその人のためだけに脚本を書く、というものです。

ふだん、2時間のお芝居の脚本を書く場合、
取材2ヵ月、構成2ヵ月、執筆1ヵ月くらいの時間をかけて行なっています。
(※もっと速い作家もいっぱいいます)
ですので、どんなに短い脚本でも、数日~数週間かかるものであるという感覚です。
それを、リクエストをいただいてから数時間で、そのお客さんに合ったものを書いてみよう、
という、無謀な男にぴったりな無謀なことを敢行したのでした。

イベントの時間内、グッズを売りつつ、たしか3本の脚本を書きました。
3本しか書けなくて、お断りする方が何人も出てしまってすみませんでした。
分量にすれば、たった4頁くらいの物語なのですが、
それぞれのお客さんをイメージするのも時間がかかり、
1本1時間半くらいかかったのかな……。
正直、苦行でした(笑)
しかも、緑川が苦悶しながら書く様子がお客さんにダダ漏で、まるで動物園のどうぶつ状態。
せっかく来てくれたお客さんたちともほとんど会話できず、ずっと脚本を書いていました(>_<)


という反省も生かしつつ、
2回目となる緑川戯曲工房では、あなただけに「緑川のことば」を紡ぎます~!
厳密に言えば「戯曲」ではないかも知れませんが、
登場人物が一人のお芝居の台詞だと思えば、戯曲になりますね。
これなら、前回よりもっと多くのお客さんのリクエストを受けられますし、
僕も皆さんと少しはお話ができますね(笑)

『ALWAYS~三丁目の夕日~』に登場する茶川龍之介のような
髪ボサボサのしがない作家・緑川龍之介が、皆様のご来店をお待ちしております!


シアターキューブリック『キラキラ橘番外地2』
2017年3月4日(土)10:00~16:00頃
14:00~ 帰ってきたキューピッドガールズのステージ有り
◆場所:キラキラ橘商店街(東京都墨田区) キラキラ会館
墨田区京島3-52-8
◆入場料:無料
詳細はこちら! → http://qublic-nikki.blog.so-net.ne.jp/2017-01-29
IMG_2147.jpg
もうすぐ春ですね!!

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

Facebook コメント