So-net無料ブログ作成

葛飾北斎の世界を旅しながら楽しむ演劇、初日 [地元すみだ]

2008年のローカル鉄道演劇『銚電スリーナイン』以降、シアターキューブリックでは、
演劇が表現の根底に隠し持っている旅の感覚と、
本物の旅の醍醐味を掛け合わせた作品をいくつも上演してきました。
そして2011年以降、劇団のホームグラウンドである墨田区では、
地元の商店街を盛り上げるアラサーアイドルグループ、
帰ってきたキューピッドガールズの活動を通して、
墨田区の様々な魅力をエンターテインメントを通して広めてきました。
今回の企画は、両国に新たにオープンする葛飾北斎美術館開館を記念した、
地域挙げての大規模なフェスティバルの中のひとつ。
僕らの活動テーマは、とにかく敷居を低くして、魅力を知ってもらうか、楽しんでもらうか!
(そのわりと緑川の作品は繊細で難しいと言われますけれど(>_<))
2016-09-25 10.12.43.jpg
毎週ステージを行なっているキラキラ橘商店街の時間軸から、
そのまま墨田の街へ繰り出そう!というスタート。
「葛飾北斎を名乗る複数の男たちが街に逃げ出した!
彼らを追って北斎ゆかりのポイントをめぐり、北斎の素顔に迫ろう」
というコンセプト。

葛飾北斎は江戸時代後期に活躍した墨田区出身の絵師で、
ダイナミックな富士山の絵が最も有名ですが、
当時の墨田の風光明媚な景色をいくつも絵に残していて、
今日はその場所の現在を訪ねてみました。
2016-09-25 15.08.55.jpg
鐘ヶ淵の木母寺から始まり、隅田川神社、法泉寺、白鬚神社、三囲神社、牛嶋神社へ。
歴史やまちあるきに興味のない人にすれば、お寺や神社は地味な場所ですが、
そこで繰り広げられるお芝居を通して歴史や人となりを知れば、
まったくかすりもしなかったものも、「ふーん」または「ほお~」くらいになるかも知れない、
その可能性に賭けて、僕らは魅力あるものを広めたい!と、この活動をしています。
2016-09-25 13.09.41.jpg
▲白鬚神社では、たまたま居合わせた神主さんが楽しい説明をしてくださいました!

2016-09-25 12.24.35.jpg
▲旅行雑誌には載っていないおもしろポイントもたくさん!

2016-09-25 13.24.20.jpg
▲まちあるきの醍醐味は寄り道のグルメ!墨田区はおいしい和スイーツがいっぱい!

今月の東京はほとんど毎日雨が降っていたのですが、
シアターキューブリックのイベントの日はやはり、、、晴れでした!!
個人的には、劇団メンバーが久々に集まりお客さんをおもてなしできたことが
何より嬉しかったです。(京都にいる河野結だけ欠けてしまいましたが!)
今日、朝から夕方まで参加してくださったみなさん、ありがとうございました!!
次回は10月8日(土)、生涯で90回以上引越しをしたという
驚異的なエピソードを持つ「北斎さんの引っ越し」がテーマです。
今回以上に楽しい企画をご用意いたしますので、楽しみにしていてくださいね!!
お申込み方法はシアターキューブリックのホームページをご覧ください。
2016-09-25 16.10.53.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

Facebook コメント